予想通りの暖冬

今年は予想通りの暖冬のせいか、一年のはじまりという気がしません。
寒いといえば寒いけど心底寒いという日はあまりないですしね。
今シーズンはまだ雪が降っていませんからね。
それでも仕事はしているわけなのでもう来月のことに気持ちがいっています。
ようやく先月の処理が終わったばかりなのに、なんでこんなにせかせかとした気持ちで仕事をしないといけないのかそれもまた疑問です。
こうやって一年はあっという間に過ぎてしまうんですよね。
年を取るのが恐ろしいと思うようになって早数年。
あっと言う間に人には言えない年齢になっちゃうんですよね。
そして私の嫌いな夏が来るかと思うともう本当になにもかもが嫌になります。
ずっと寒ければいいのに!!!

炭酸水を飲むのが自分の中でブーム

数年前から炭酸水を飲むのが自分の中でブームになっています。
サイダーなどの糖分が入っているものではなく、カロリーゼロのものですよ!
炭酸が喉を通るあの爽快感が好きですけど糖分はとりなくないので重宝しています。
昔に比べて安い炭酸水もたくさんありますからね。
基本的には味の無いものを選びます。
あったとしてもレモンかな。
オレンジはまあまあだけど、炭酸が抜けるとイマイチでした。
キウイフルーツはびっくりするくらい物凄くまずかったです。
だから青りんご味をみつけた時は、一応警戒して1本だけ購入しました。
そしたら、久しぶりの大ヒットでとても美味しかったです。
炭酸が抜けてきてもその感想はかわりません。
しばらくは売っていると思うから買い続けるつもりです。

シニアのトレーニングが流行

シニアのトレーニングが流行しているそうです。
時間がありあまっているうえに健康に対して貪欲ですからね。
スクワットはゆっくりやるのがポイントです。
早い動作は関節への負担が大きくて怪我につながるからです。
筋肉は休息をしているうちに増えるってはじめてききました。
トレーニングをすると筋繊維が傷つくいて修復に2日、3日かかる。
この時に筋肉が増えるので、休息が必要なんですね。
毎日毎日やるのが良いと思っていたら大間違いですね。
血圧上昇を気にするべき!
血圧はいっきに上がるのに、下がるのはゆっくりなのでトレーニング中に息を止めると血圧に影響してしまいます。
腹筋をするときに私もとめてしまいがちなので気を付けようと思います。

鼻炎とティッシュと

もともと慢性鼻炎で鼻の中が常に腫れている状況なので、そこに寒暖差アレルギーが加わるとずっとクシャミが出続けます。
鼻炎の薬を飲めば治まるけれど自宅にいるときはなるべく薬は飲みたくないです。
夜中のというか朝の三時に目が覚めてそこからクシャミ地獄がはじまりました。
今思えばあのクシャミと鼻水があったからこそ目が覚めたってことですよね。
クシャミをして起きたわけではないから鼻に違和感があって目が覚めたってそうとうなものですよ。
そして30分くらいずっと鼻水との闘いです。
ティッシュを鼻につめるとかそういう問題ではないというか、せき止められるものではありませんでした。
長年この鼻炎と戦っていますが本当に困ったものですよ。

身内まで不幸にするのが犯罪

殺人犯の子供。
それだけでその子供の人生は困難しかないものになりでしょう。
その子がどんなに正しいことをして生きていても差別をされるのは目に見えていますし、その子の人生を受け入れる人も少ないでしょう。
同じ学校や職場にいるくらいなら、当たり障りない人間関係を築くことは可能だと思います。
でも、それ以上は無理ですね。
その人と身内になるのも。
物語の見過ぎもありますが、殺された遺族から復讐される可能性だってありますよ。
小説のなかで殺人犯の子供というだけでつらいことしかないという人がいましたが、ノンフィクションでもありそうです。
実際にも犯罪者の身内は自殺していることがあります。
手を下した人の身内まで不幸にするのが犯罪です。

パワハラ問題ばかり

なんだか最近はどこもかしこも、パワハラ問題ばかりですね。
これは今にはじまったことではなくて、昔からあったものが明るみに出ているだけなんでしょうね。
パワハラは、受けた側が暴力だと思ったらパワハラ認定でしょう。
今回の体操のは、コーチの暴力は他人が口を出したくなるほどだったのが問題でしょう。
注意されてもやめなかった。
それを、助けようと思ったと人と自分のクラブに入れようとした人の思惑が一致したという印象かな。
選手が暴力を受けても師事から離れないのであれば、パワハラはあったが自覚もなくてそれでも良いと思っている、と。
共依存と言う人もいますが、選手ファーストを考えるなら選手の希望通りにするしかないというのが私の結論です。

シーツに毛玉が出来る問題

長年の悩みの種である、シーツに毛玉が出来る問題。
このほど、やっと解消しました。
たぶんですけど。(笑)
敷き布団のカバーを何度購入しても毛玉が出来てしまってすごくストレスになっていました。
安い値段のものばかり購入しているせかなと思ったのですが、高いものは買いたくない。
毛玉にならないものはどんな高級品なのか?
さっぱりわかりませんでした。
しかし、ようやくわかりましたよ。
コットン100%のものが良いと思っていたのは間違いでした。
ポリエステル100%のものにすれば、ずっとツルツルしています。
たしかによく考えたらそうですよね。
あんなにツルツルしているところから毛玉が出来上がるわけがありません。
一度分かれば次からは失敗しませんよ!

最高金額は10万円!

読書感想文買い取ります。
こんな一文を聞いて、ああ、今年も夏休みの宿題の話しになってきたのかなと思いました。
どうせ、宿題代行でしょ?と。
そしたらそうではありませんでした。
本気の読書感想文の募集だったんです。
どれだけ心をぐっとつかまれたか20000文字以上、今でも購入できる本、ノンジャンル、漫画でもよいという決まり事を守ったうえで応募するそうな。
文章としての優劣は関係なく、熱量で審査をします。
ネットで公開されてみんなで楽しむなんてすごいアイディアですね。
私は子供のころから本を読むのは好きだったけど感想文は無駄に長くなるので早く終わるけどクオリティは低いものでしたね。(笑)
読みたいものを探す意味でも、人の感想は必要です。
最高金額は10万円!これまた凄い!

シイタケのふりをした毒キノコ

かつてはジュニア小説を書き、ホラー作家でもある岩井志麻子さん。
ホラーは苦手だけどジュニア小説ではファンだったし、面白い人としてタレント活動もしている志麻子さん。
彼女が「肉じゃがが得意料理という女性はシイタケのふりをした毒キノコ」みたいなことを言っていて、さすがだな!って思いました。
なんとなくだけどわかる気がしますね。
肉じゃがが得意というのはイコール料理上手ですよってアピールかなと私も思っちゃいます。
私自身は肉じゃがをつくるのも食べるのも好きじゃないですね。
肉じゃがの中にある玉ねぎは好きだけど、他は食べたいとは思わないな。
フライドポテトとかコロッケは好きですが、おかずとしてのじゃがいもは好きじゃないです。

薬剤師の私はかつて弓道部でした

薬剤師の私は高校生の時に弓道部でした。
どうして弓道部に入ったかと聞かれたら…
見た目が格好良かったからです!
しかも激しい運動ではないから楽かなぁと思って入部したの。

入ってみて分かったのですが…
弓道は見た目以上に難しいということ。
なかなか的に当たらないのです。
的に当たらないと面白くないもので…
私はいつしか幽霊部員になっていました。

しかし高校3年になり部活が出来るのももう少しなんだなぁと考えるようになって、ようやくまた行き始めたんです。
おかげでギリギリ弓道初段を合格しました!
弓道部にいた同級生の女の子は真面目に部活頑張っていたのに初段を取れず…
私はちょっと睨まれてしまいました。

でもね、薬剤師になった今でもその子とは友達なんですよ。
今でも「なんで私初段取れなかったんだろ!悔しい!」と言っています(笑)
笑い話に出来てるんだから大丈夫ですよね。

ちなみに同僚の薬剤師たちに私が弓道部だったって話をすると必ず驚かれます。
見た目は絵画部とか茶道部とからしいですよ。
そんなの1ミリも興味ないのに!

私は薬剤師になった今でもたまに弓道がやりたくなります。
一時期幽霊部員だったとは思えないでしょ?
弓道は魅力的なスポーツだと思いますよ!

さあブログなんて書いてないで厚生病院の薬剤師求人でも探しますか!