シイタケのふりをした毒キノコ

かつてはジュニア小説を書き、ホラー作家でもある岩井志麻子さん。
ホラーは苦手だけどジュニア小説ではファンだったし、面白い人としてタレント活動もしている志麻子さん。
彼女が「肉じゃがが得意料理という女性はシイタケのふりをした毒キノコ」みたいなことを言っていて、さすがだな!って思いました。
なんとなくだけどわかる気がしますね。
肉じゃがが得意というのはイコール料理上手ですよってアピールかなと私も思っちゃいます。
私自身は肉じゃがをつくるのも食べるのも好きじゃないですね。
肉じゃがの中にある玉ねぎは好きだけど、他は食べたいとは思わないな。
フライドポテトとかコロッケは好きですが、おかずとしてのじゃがいもは好きじゃないです。

薬剤師の私はかつて弓道部でした

薬剤師の私は高校生の時に弓道部でした。
どうして弓道部に入ったかと聞かれたら…
見た目が格好良かったからです!
しかも激しい運動ではないから楽かなぁと思って入部したの。

入ってみて分かったのですが…
弓道は見た目以上に難しいということ。
なかなか的に当たらないのです。
的に当たらないと面白くないもので…
私はいつしか幽霊部員になっていました。

しかし高校3年になり部活が出来るのももう少しなんだなぁと考えるようになって、ようやくまた行き始めたんです。
おかげでギリギリ弓道初段を合格しました!
弓道部にいた同級生の女の子は真面目に部活頑張っていたのに初段を取れず…
私はちょっと睨まれてしまいました。

でもね、薬剤師になった今でもその子とは友達なんですよ。
今でも「なんで私初段取れなかったんだろ!悔しい!」と言っています(笑)
笑い話に出来てるんだから大丈夫ですよね。

ちなみに同僚の薬剤師たちに私が弓道部だったって話をすると必ず驚かれます。
見た目は絵画部とか茶道部とからしいですよ。
そんなの1ミリも興味ないのに!

私は薬剤師になった今でもたまに弓道がやりたくなります。
一時期幽霊部員だったとは思えないでしょ?
弓道は魅力的なスポーツだと思いますよ!

さあブログなんて書いてないで厚生病院の薬剤師求人でも探しますか!