伝統工芸継承の救世主

どこの国や地域、民族でもあることですけど、伝統工芸の伝承は簡単なことではありません。
技術習得に何年もかかるので後継者が育たないという危機的な状況があります。
そこでカメラを使って分析する取り組みがはじまっています。
日本に匠が1人しかいない人など。
目元のカメラ、指先にも赤外線マーカーを使います。
匠から直接教えてもらうのが一番ですけど1人しかいないのであれば簡単なことではありまえん。
伝統工芸継承の救世主として画期的な方法ですよね。
美術品や絵画の修復作業、国宝を守る技の継承が守られる期待があります。
匠の共通点はまばたきの回数が極端に少ないそうです。
集中力からとされていて本人達も指摘されるまで気が付かなかったという共通点がわかりました。