エネルギー消費力

20代をピークに人間のエネルギー消費力は低下していくと言われています。
そのため年齢と共に余分な脂肪や贅肉が溜まりやすくなってしまいます。
ダイエットを効率良くすすめるにはこのエネルギー消費力を上手にサポートすることが重要です。
日常生活の中で適度に体を動かしながら、3食きちんと食べる。
そして普段不足しがちな栄養もしっかり補給することが重要。
さらに燃焼運動ダイエットに役立つアミノ酸も「エネルギー消費力の低下」に対抗するダイエットサポート素材として大人気です。
どくだみは古来より「十薬」と呼ばれ、ダイエット・美容・健康などに役立てられてきました。
そのパワーの秘密は豊富に含まれる栄養素。
ビタミン、ミネラルをはじめ、朝スッキリ成分として知られる食物繊維、クエルシトリン、クロロフィル、ダイエットには欠かせないアミノ酸など、栄養パワーが豊富に含まれています
豆腐や納豆、チーズなどに代表される発酵食品。
食物が持っている栄養素を、発酵させることで格段にアップすることができると注目を集めています。

薬剤師だからでしょうか

さすがに「丸投げ」とまではいかないんでしょうけど、薬剤師が処方箋を見ると、「こりゃ、薬でどうにかしようとしてやがる」ってことが読みとれることがあるんですね。普通に処方箋を見ても、そんなことは書かれてませんけど、薬剤師が見ると、「これはちょっと…」と思うことがあります。

もちろん、そう感じたからって、指示に従わないことはありませんよ。従います。薬剤師として、きちんとその処方箋に従った薬を調合したりするんですけど、「行間を読みとる」じゃありませんけど、悪意に近いものを感じることがあるんですね。いや、悪意はないはずですけど、薬剤師から見ると、それに非常に近いものを感じることがあります。

工程からすると、医師の診断→薬の服用、という順番は変えられません。だからこそ、薬剤師は従わないといけない反面、何らかの意図を感じることがあるんですね。

「そんなことまで期待されても…」みたいなことを思っちゃったりもします。気もちはわかるような感じはありますけど、そんなに薬に期待されてもねぇ。やることはやりますけど、何とも、どうしたことか、って、思うことがあります。

「あります」っていうレア・ケースではないかもしれませんね。