架空の耐震診断

茨城設計事務所が偽造していたのは小学校の体育館です。
納期に間に合わせるためにやったってあきれてものが言えません。
災害があったときに避難する場所でもあり、何より子供達が通常使うところですよ。
構造計算を全くせず審査が通ったという第三者機関のものを偽造したそうです。
実際の判子であればわかるようなものですが、偽造の手口は子供じみた方法でした。
今の技術は朱肉をスキャナー読みしてやったので受け取り側はなかなかわからなかったそうです。
市は刑事告訴も検討中とのことですが訴えるべきでしょうね。
市から請負ってから下請けの会社が見つからずに、一ヶ月伸ばしてもらったがやはりみつからなかった末の犯行です。
管理建築士がいるので偽造した社員の責任ももちろんあるが、事務所事態に問題がある!