女性清掃夫人探偵

女性清掃夫人探偵キリコのシリーズを久しぶりに読みました。
「モップの精と二匹のアルマジロ」 著 近藤史恵 です。
この本で4冊目のシリーズだって。
シリーズでははじめての長編だってあとがきにありました。
えーっと。そうだっけ?
短編が多かったのは覚えていますよ。
だから今回もそうかと思ったら、あららな長編です。
主人公というかすすめ手は旦那の大介です。
結婚しても大介はキリコにずっと恋をしているってよ。
お熱いことで…。
話しは1組の夫婦と関わってから進んでいきます。
そちらの夫婦のせいか、キリコと大介の夫婦は思いあっていて理想の夫婦でいいですねぇ。
うらやましいですよ…。(笑)
今回でてくる、美形サラリーマン。
見た目もよく、優しくて人当たりがいい。
そんな人はモテモテかもしれないけど、いらない好意も寄せられて大変だってことがわかりました。
モテる人にはその人なりの苦労があるんだとね。(笑)