未成年の年齢を引き下げるべき

未成年者が事件を起こす度に未成年の年齢を引き下げるべきだと思います。
日本の18歳なんかは年齢が高すぎますよ。
イギリスで6歳の少女を拉致して性的暴行の末に殺害し全裸で林に捨てた16歳の少年は実名報道されたそうです。
イギリスも18歳未満は非公開なのでこれは異例のことです。
そもそもこの16歳の少年は「アドレナリン中毒症」で過去にも子供をプールで溺れさせたり猫の皮を剥ぐなどの異常行動をしているのだから異例といってもうなずけます。
危険な兆候があるのであれば本人の為にも治療をするべきです。
愛する我が子がされたことは加害者が未成年だって関係ありません。
犯罪者よりも被害者に寄り添うべきなのに、法律はおかしなことばかりだと思います。

甲状腺の手術

先輩薬剤師さんが甲状腺の手術をすることになって三週間は出勤しないということで、シフトの話し合いがありました。
いきなりのことで驚きましたが命に別状はない手術とのことです。
話しの中で手術跡は首に残るから跡が気になるというのが出ました。
そりゃあ、普通の白い肌の人はそうでしょうね。
デコルテケアなんかしちゃって、見せるのが普通の人はたくさんいますし。
アトピーがあって汚い肌の私としては、たとえ手術をして跡が残っていたとしてもほとんど見分けがつかないだろうなと思いました。
なるべく肌を見せないような洋服を買わなければならない私からしたら、その悩みすら嫌味です。
でもこんな意地悪な気持ちになってしまう、自分の心の狭さに落ち込みます。

液体のりが白血病治療に役立つ

液体のりが白血病治療に役立つ?!なんて話題がありましたね。
東京大学研究チームとアメリカのスタンフォード大学のチームが発見。
骨髄移植では血液の元の造血幹細胞を移植します。
増やすには培養液が必要だけどそれは高価なものになるうえに、少ししか培養できない。
その変わりに液体のりに入っている、ポリビニルアルコールで実験したところ1000倍に倍増されたそうでうs。
市販されている液体のりでも効果あるって面白いですね。
コスト削減にもつながるし画期的な治療法の発展にも期待できます。
最近では東京オリンピックで活躍が期待されている池江さんの白血病治療も話題になりました。
聞いたことはあるけど身近ではない、でも怖い病気でもある治療に光が見えたらいいですね。

ドラマはどうしようか考え中

無料で見ることが出来る海外ドラマのシーズン1が見られるようになったら、見るようにしています。
条件としては吹き替え版があるということです。
だって字幕だとじっとみないと物語がおえませんからね。
事件モノ、警察モノと大好物!と思ってみはじめたら、なんともグロい映像がいっぱいでびっくりしました。
ちょっと、見るのやめようかしらと思うレベルでした。
そして見始めてすぐに気が付いたのは、主人公の女性を吹き替えている女性。
今見ているシリーズにも出ている人で、正直いって好きじゃないキャラクターでした。
イイオンナ、なんですよ。
殺人現場に真っ白なスーツでくる長髪金髪の。
なんとなく気に入らない人だったので苦手でした。
こっちのドラマはどうしようか考え中。

ある日、突然パタリ

ピンピンコロリ。
元気に生きていてある日、突然パタリと倒れてあの世に召される。
それが一番幸せなことじゃないかなって思います。
まあ、もちろんそれは老人になってからという意味でもあります。
そうすれば家族に迷惑をかけることもありませんから、みんなが幸せ
先日亡くなった芸能人の男性の話題を朝一で知りました。
訃報驚きましたが配偶者が亡くなって半年で、まさに後を追うように亡くなるなんて羨ましく感じましたよ。
子供の立場からしたら悲しさが倍増かもしれないから、ひとごととしてのとらえ方になるかもしれません。
夫婦のことは夫婦にしかわからない。
亡くなると美化されることが多い。
それでもとても理想的な最期だなと思ってしまいました。

北川景子さんは美しい

北川景子さんは美しい。
ご結婚してからとくにそう思うことが多いです。
以前は明るい髪の毛とシャープな猫目でちょっときつそうに見えたし、若いころはヤンキーが入っているような感じもありました。
現在放送中の「家を売るオンナ」は唯一見ている連続ドラマです。
サイボーグっぽいしゃべりかたに、怖いわ!って動きもするし、コミカルな役ですね。
ただ言うことははっきり言う。
「愛しています」とか「手をつなぎたいです」とかとか。
思わず、「おお!」ってなっちゃいました。
規格外なキャラクターですけど、かっこいいんですよね。
続編のドラマも中盤を迎えて終わりが見えてくると寂しいです。
美しいうえに面白いキャラクターを演じられているので普通の役ももっと見たいですね。

予想通りの暖冬

今年は予想通りの暖冬のせいか、一年のはじまりという気がしません。
寒いといえば寒いけど心底寒いという日はあまりないですしね。
今シーズンはまだ雪が降っていませんからね。
それでも仕事はしているわけなのでもう来月のことに気持ちがいっています。
ようやく先月の処理が終わったばかりなのに、なんでこんなにせかせかとした気持ちで仕事をしないといけないのかそれもまた疑問です。
こうやって一年はあっという間に過ぎてしまうんですよね。
年を取るのが恐ろしいと思うようになって早数年。
あっと言う間に人には言えない年齢になっちゃうんですよね。
そして私の嫌いな夏が来るかと思うともう本当になにもかもが嫌になります。
ずっと寒ければいいのに!!!

炭酸水を飲むのが自分の中でブーム

数年前から炭酸水を飲むのが自分の中でブームになっています。
サイダーなどの糖分が入っているものではなく、カロリーゼロのものですよ!
炭酸が喉を通るあの爽快感が好きですけど糖分はとりなくないので重宝しています。
昔に比べて安い炭酸水もたくさんありますからね。
基本的には味の無いものを選びます。
あったとしてもレモンかな。
オレンジはまあまあだけど、炭酸が抜けるとイマイチでした。
キウイフルーツはびっくりするくらい物凄くまずかったです。
だから青りんご味をみつけた時は、一応警戒して1本だけ購入しました。
そしたら、久しぶりの大ヒットでとても美味しかったです。
炭酸が抜けてきてもその感想はかわりません。
しばらくは売っていると思うから買い続けるつもりです。

シニアのトレーニングが流行

シニアのトレーニングが流行しているそうです。
時間がありあまっているうえに健康に対して貪欲ですからね。
スクワットはゆっくりやるのがポイントです。
早い動作は関節への負担が大きくて怪我につながるからです。
筋肉は休息をしているうちに増えるってはじめてききました。
トレーニングをすると筋繊維が傷つくいて修復に2日、3日かかる。
この時に筋肉が増えるので、休息が必要なんですね。
毎日毎日やるのが良いと思っていたら大間違いですね。
血圧上昇を気にするべき!
血圧はいっきに上がるのに、下がるのはゆっくりなのでトレーニング中に息を止めると血圧に影響してしまいます。
腹筋をするときに私もとめてしまいがちなので気を付けようと思います。

鼻炎とティッシュと

もともと慢性鼻炎で鼻の中が常に腫れている状況なので、そこに寒暖差アレルギーが加わるとずっとクシャミが出続けます。
鼻炎の薬を飲めば治まるけれど自宅にいるときはなるべく薬は飲みたくないです。
夜中のというか朝の三時に目が覚めてそこからクシャミ地獄がはじまりました。
今思えばあのクシャミと鼻水があったからこそ目が覚めたってことですよね。
クシャミをして起きたわけではないから鼻に違和感があって目が覚めたってそうとうなものですよ。
そして30分くらいずっと鼻水との闘いです。
ティッシュを鼻につめるとかそういう問題ではないというか、せき止められるものではありませんでした。
長年この鼻炎と戦っていますが本当に困ったものですよ。